トラックの税金と自賠責

自動車に乗るためには税金や公的なものを支払う義務があります。

 

最低限必要なものとしては、購入時と車検時に支払う重量税と自賠責保険、毎年支払う自動車税があるのですが、トラックは一般的な乗用車と違って、細かいランク付けがされており、それによって支払う金額も雲泥の差となります。

 

トラックに用いられるランク付けは用途と総重量によって決められており、用途は「自家用」と「事業用」に分けられ、1トン以下から25トンまで1トン刻みで金額が決められています。

 

更にエコカー減税による割引や初登録からの年月による割増があって非常に複雑な形態となります。

 

重量税で一番安いものは1トン以下のエコカー減税対象車で600円、対して一番高いものは、自家用で25トンの18年以上たったもので157,500円となります。

 

自動車税も同じよう用途、最大積載量、割引、割増で決められています。こちらの最安値は事業用1トン以下のグリーン化対象車で3,500円、最高値は自家用8トン以上で40,500円以上となります。

 

自賠責は比較的明瞭で、事業用1ナンバーの2トン以下、2トン越え、自家用1ナンバーの2トン以下、2トン越え、4ナンバーに分けられているだけとなっており、12カ月分としてみると、17,270円から49,900円となります。

 

こればっかりは節約しようにもできないものですので、後はトラック選びの際に無駄に大きなトラックを購入しないことが一番の節税になると思われます。