トラックのローン残債がある場合

トラックは新車で購入する方もいますが、価格の安い程度の良い中古トラックを購入する方が多いと聞きます。トラックと言えば仕事に使うものですからそれほどお金をかけられないという事がそうさせるのでしょう。

 

しかしどうしても新車がいいという方は中古車ではなく新車を購入するわけなのですが、小型トラックでも国産高級車並みの価格を持っているのでそう簡単購入できるものではありません。

 

そこで自動車ローンを組んで購入することになりますが、仕事で使う以上、いつ急にその車が不必要になり手放さなければならなくなることも考えられます。

 

そこで心配になるのがローンが残っている状態で買い取ってくれるのかという事です。結論から言ってしまえば大丈夫です。

 

乗用車と同じように、買い取ってもらった時のお金で残り金額を一気に返済するすることができますし、売却した金額よりもローンの残金が多い場合は、そういったとき専用の残債ローンといわれる自動車ローンで新たに借り入れをし、残りを返済を行うという手段があります。

 

そのローンは買取専門店などですぐに加入することができ、その手続きも買取専門店が行ってくれるので特に困ることはありません。これは乗用車もトラックも全く同じです。

 

ただ基本的にトラックは購入金額が高く、その割には査定金額が低めなのでほとんどの場合は一気に返済するということはできず、大体の場合は、残債ローンを新たに組んでの返済となるでしょう。