中古トラックの査定基準

自動車の査定額が高くなる条件というのは、一般的な乗用車であれば、「新しくて」「きれいで」「走行距離が少ない」というのが相場です。

 

もちろんトラックでも同じことが言えるのですが、トラックならではの重要なポイントといえるのが「ワンオーナー」、「無事故車」、「無修理車」という事です。

 

トラックというものは仕事をするうえで欠かせない道具として使われるもので、使う側からすれば出来るだけ安く仕入れたいものです。

 

しかし、二トン車クラスでだいたい400万円前後、4トン車で600万円前後、10トンを超える大型トラックでは高級外国産車が買える1000万円ほどの価格となっているのではそう簡単には買うことはできません。

 

そこで資金力がない企業などでは中古トラックを買うことになるのですが、そういった流れがトラックの流通では当たり前となっているのです。

 

そうなると中古車のまた中古車を購入することもあり、いろいろなオーナーを渡り歩いてきた車はいろいろな扱いを受けているのでかなり傷みが激しくなるのです。そこで痛みの少ないワンオーナー車が持てはやされるのです。

 

更に無事故・無修理という点も、乗用車よりも長い間運転していることが多いトラックでは事故を起こしたり、どこかにぶつけたりする確率も上がります。

 

いつしか程度が悪くても当然という考え方がトラックでは当たり前となってしまい、逆に傷みが少ないトラックが持てはやされ価値が高くなるのです。