廃車にするのはもったいない!“軽トラ”はとても高く売れます。

農作業に利用している軽トラック

 

軽トラなんて高く売れるはずがない・・・。

 

なんてそんな悲観的にならないでください。

 

買ってから何年も経って古くなっても、10万キロ以上走行していても、仕事で傷やヘコミだらけでも、世界中で大人気の軽トラックは必ず高く売れます

 

軽トラックは販売価格も比較的安く、仕事で使い込んでいるためか「軽トラの買取価格は安い」と思い込んでいる人が少なくありません。

 

年式が新しく走行距離の少ない軽トラックは、国内の中古車市場で新車価格とそれほど変わらない金額で取引されています。

 

また何十万キロも走行して国内で売れなくなると、今度は海外からの人気が上がってくるので買取価格が下がりません。

 

ではなぜ軽トラは高く売れないというイメージを持つ人が多いのでしょうか?

 

買取店は“軽トラックが高値で取引されている”ことを知っています。だけど軽トラックを査定に出すユーザーの多くは「軽トラは値段がつかない」と思っています。

 

そこを逆手にとって大きな利益を上げているのが買取店です。軽トラックは利益率が高く買取店のドル箱なのです。

 

つまり、多くの人が軽トラックが高く売れることを知らないために、買取店に買い叩かれてしまっているという現状があります。

 

軽トラックは買取相場を知らないで売却してしまうと、大きな損をする可能性が高い車でもあるのです。

軽トラックの買取相場を知る方法

軽トラックの買取をする業者には、ディーラー下取り、買取店、トラック専門店や販売店など、3つの売却先があります。

 

つまり買い取った軽トラックの販路(売却先)を沢山もっている業者が一番高く買取できるということになります。

 

じゃあディーラー下取りやトラック専門店がいいの?

 

と思いますが、軽トラックなどの商用車は買う人が限られるため、自家用車のように店頭に並べておいて簡単に売れる車ではありません。

 

このようなリスクを避けるため、どの業者も基本的には同じ相場(業者オークションの過去の落札相場)を参考に買取をすることになります。

 

オークション相場をもとにした買取においては、販売店よりも薄利多売でやっている買取店の方が高い査定額を提示できる場合もあるのです。

 

また買取店の中には、どう見ても国内では売れない廃車寸前の軽トラックでも喜んで買い取る輸出を専門とした業者があります。

 

輸出を専門とする業者は、高年式・低走行車など比較的高額な車両をあえて避け、国内で人気のないトラックを仕入れて海外に輸出することで利益を上げています。

 

このように軽トラックの査定は、売却先、売却時期、車種の違いにって評価が大きく変わってしまうのです。

 

そのため、実際に売るとなったとき、ネット上に書かれている過去の買取相場表が全く役に立たないのはそのためです。

 

今この瞬間に高値を付けている軽トラックでも、為替の変化などで数日後には暴落しているというケースは珍しくないのです。

 

軽トラックを高く売るための買取相場を知りたいなら、複数の業者の見積もりを比較するのが一番効率の良い方法です。

 

今までディーラー下取りしか使ったことがない人は、他の業者に査定してもらうことで、その買取価格の違いにきっと驚かれるでしょう。

軽トラックが高価買取されている理由

高価買取の理由を説明する女性

 

軽トラックは数ある自動車の中でも価値が落ちにくい車の代表格といってもよいでしょう。

 

ではなぜ軽トラックが高価買取できるのか?その理由をいくつか挙げてみましょう。

  • 仕事で必要とされる商用車のため安定した需要がある
  • 買取後のリスク(故障、修理、修復歴の有無など)が小さい
  • 流行りに左右されないので取引相場が安定している
  • モデルチェンジが少なく乗用車のような大幅な相場下落がない

商用車は年間を通して相場が変動する要因が少なく、買取店にとって査定がしやすい車種でもあります。

 

国内での人気がなくなった軽トラックでも、海外からの需要が支えてくれるので、査定額が0円で廃車費用を負担することはほぼないのです。

さらに、ダンプやリフト、冷蔵冷凍車、パネルバンなど、上物によって希少性が出てくるとさらに高価買取が期待できます。

 

すでに2012年に自社生産を終了したスバルのサンバートラックは、プレミア価格で取引されるなど、一部の軽トラックに特別に高い相場が存在していることもあまり知られていません。

軽トラックの査定額を上げる2つのポイント

商用車だからこそ洗車をしておく

商用車だから洗車しても高く売れない」といった考えは間違いです。

 

軽トラックも乗用車と同じ評価基準で査定されます。少しでも点数が高い方が査定額が高くなるのは当然です。

 

査定は減点方式行われます。汚れて見にくい箇所は、キズやヘコミがあったり、修復歴があったりする可能性があるため、マイナスの評価となります。

 

その箇所が本当は傷ひとつない状態でも汚れているだけで減点対象になるのです。

 

軽トラックでも出来るだけ洗車をして綺麗にしておきましょう。汚れで誤魔化すより、綺麗な状態で傷やヘコミを堂々と見えるようにしておいた方が全然マシです。

 

説明書や書類は用意しておく

仕事で長期間使用していれば書類を捨てたり、紛失してしまったりするのは仕方がないのかも知れません。

 

中古車市場で取引されている軽トラックには、書類が揃っていない車両が多いのも事実です。

 

つまり、説明書や保証書、点検整備記録簿などの書類があるだけで、相対的な評価が高くなるということでもあります。

 

軽トラックは仕事で酷使されている可能性が高い車なので、整備履歴があるだけでも十分に査定額を上げる要因になります。

 

書類が揃っていることで車に対する信頼度がアップするということです。

トラック専門店よりもなぜ“買取店”の査定額が高いのか

スポーツカーや輸入車の専門店があるように、トラックや商用車にもトラックの専門店があります。

 

トラックの専門店では、販売のための仕入れとして、主に大型トラックや重機の買取をしています。

 

トラック業者は国内や国内に独自の販路をもっているので、業者オークションの転売で利益を上げている買取店などより高く買い取れるという特徴があります。

 

ただし軽トラックとなると話は違うようです。

 

ガリバーやラビットなどの買取店のようにどんな車でも買い取るというスタイルではなく、台あたり利益が大きいトラックや重機の買取をメインとしています。

 

したがって、軽トラックの査定になると買取店と同じ土俵での競争になり、利益率が低く採算が合わなくなってしまいます。

 

またトラック専門店では軽トラックの販売はしないため、次のユーザーに販売もできるという強みも発揮できません。

 

軽トラックの買取においてはトラック専門店よりも買取店の方が高く買い取ってもらえるといって良いでしょう。

軽トラックを最高額で売りたいなら一括査定

一括査定を申し込む女性

 

軽トラックを最高額で売る方法。その結論は一括査定を使うことです。

 

“軽トラックの買取相場は安定しているが、様々々な要因で大きく変動する”ことは先ほど述べた通りです。

 

一括査定は軽トラックの買取を強化している全国の業者に査定依頼ができます。一度に複数の買取店や販売店に査定をしてもらえば、安く買い叩かれたりする心配もありません。

 

買取店はどこも出張査定なので故障車や不動車でも査定が可能です。

 

正直に言ってしまうと、一括査定サイトを使わなくても、大手買取店を探すのにはそれほど苦労はしません。

 

しかし軽トラックの査定の場合は、目立たない業者でも高価買取することがあります。

 

とくに輸出に強い買取店は店舗を持たず出張査定のみという業者が多いため、一括査定を使わなければ査定をしてもらうのはほぼ不可能です。

  • 軽トラをすぐに売りたい
  • 軽トラの最高額を知りたい
  • 価格交渉は面倒くさい

このような方は4社から5社の業者で査定をしてみてください。

 

注意したいのはただ業者を増やせば買取価格が高くなるわけではないことです。それぞれに違った特徴を持った業者に査定をしてもらうことのほうが重要です。

 

一括査定は好きな業者を選んで査定申し込みすることができます。もし査定会社が少ない場合、少しでも高く売りたい場合は、他の一括査定も組み合わせてみるのもオススメです。