トラックの車検

トラックの車検_整備

 

自動車というものは購入してからも何かとお金がかかるものです。燃料代に点検代、消耗品代それから自動車保険や自動車税などどんどんお金が消えていきます。

 

こういった維持費の中で一番大きなものとなるのが何と言っても車検でしょう。

 

普通乗用車ですと新車時3年、それ以降しばらくは2年ごとという決まりですが、これが商用車のトラックなるとそのスケジュールが全く変わってきます。

 

軽自動車規格で作られている軽トラックは新車時も継続も2年ごとと一定になります次に通常、小型トラックと8トン未満のトラックは新車時2年、継続車検で1年ごととかなり頻度が多くなります。

 

更に8トン以上の中型トラックや大型トラックなどはしょっぱなの車検から1年で継続車検も1年と毎年毎年車検があることになります。

 

これは長い時間運転することが多い大型トラックでは車体にかなりの負担がかかるからで一年に一度きちっとした形でチェックしなければ安全に運行することができないということからそうなっているのです。

 

しかし、毎年かなりお金がかかる車検を行うというのも結構負担が大きいもので、たくさんのトラックをあつかう運送会社では頭を悩ましているようです。

 

ただ、やはり街中を走るトラックなどを見てみると違法改造したトラックや、都内を走ってはいけないような真っ黒な煙を出して走っているトラックを見けることが多いので、一年ごとの車検は必要ではないかと思われます。