トラックは購入とリースどっちが良いのか

トラックのリースと購入

 

仕事でトラックが必要!でもリースにしたらコストが高い

 

とはいえ新車は買えない。でも中古車は滅多に見つからない。どうしたらいいの?とお悩みのかたも多いはず。

 

頭の中を整理するために、リースにするメリットとデメリット、特徴などを踏まえた上で、リースにするほうががよいか、新車や中古車を購入するほうがよいか、比較してみましょう。

 

まずは、リースとはどんな種類があるか。おおざっぱに分類して2種類あります。

 

ファイナンスリース…車の代金と自動車税が含まれている

メンテナンスリース…車の代金と自動車税に加えて、車検代、メンテナンス代などが含まれている

 

これに加え、新車をリースにするか、月々のリース料を安くしたければ中古車をリースにするか、リース満了時に購入することができるか、など契約で決めることができるようになっています。

トラックをリースするメリットとデメリット

トラックのリース、メリットとデメリット

 

トラックをリースするデメリット

まずはデメリットから。

  1. リース会社を通すため、リース会社の手数料が含まれるのでコストがかかる
  2. ローンではないため、リース期間が終わっても自分のものにならない
  3. いったんリースを組んでしまうとリース期間が満了するまでやめられない(リース期間の全額を支払えばやめられる)

自分のものにならないし、コストもかかるのに何でリースする人がいるの?

 

トラックをリース契約するメリット

もちろんメリットがあるから。メンテナンスリースで手厚い契約なら、

  1. 毎月の費用が一定額になるし、故障の時も対処してくれる
  2. 税金や車検代など、いちいち支払わなくて済む
  3. リース代として月々支払うことで会計処理がラクになる。

簡単にいうと、高いのは間違いないけど、急な支払いに困らないし、面倒ごとも少ないということです。

 

トラックリースの料金相場

リースや車の種類によっても違いますが、具体的にどれくらいかというと、一般的な2tダンプだと、ローンで5年返済だと月々5.5~6万円。

 

対して、自動車税だけ含まれるファイナンスリースで月々5.5万円くらいから。

 

メンテナンスリースだと内容によって7万円くらいから。

 

見た目は月々変わらないけど、リースが終わっても、自分のものにはならないってところですね。

トラックをリースするのと購入するのどっちがいい?

トラックの購入とリース

 

さて、リースの簡単なご説明が終わったところで、サイトをご覧になっているかたは、何故トラックをリースにするか、中古車や新車を購入するかお考えなのでしょうか?

 

急に車を増車することになった

「短期的な仕事が入った!でももしかすると継続して長期になるかも! 」

 

急に車の乗り換えを余儀なくされた

「今乗っている車が故障(事故)してしまって、すぐに車が必要!」

 

乗り換えを検討しているけど悩んでいる

「そろそろ乗り換えを考えているけどリースって得なの!?」

 

まず注目していただきたいのは契約期間です。

 

トラックのリース契約期間

短期リース

もし短い間だけ使いたい場合には、1週間程度なら、割高なレンタカーを借りるしかありませんが、数ヶ月なら、いわゆる『短期リース』という期間の短いリースなどもあります。

 

短期的な仕事で必要な場合や、乗り換えをする数ヶ月だけ必要な場合には、わざわざ新車や中古車を購入したりするのと比較して、リースで借りるほうががお得なケースが多いです。

 

長期リース

逆に長期的な場合。いつも10年くらい乗っているかたや、乗りつぶすまで乗るというかたは逆にコストがかかってしまうので、ローンでの購入や助成金などを利用して購入のほうが、リースで借りるのに比べてお得なケースが多いです。

 

急に仕事がなくなる危険のある取引先があるかたや、運転手のかたの体調や年齢、従業員の離職などでリース期間中に解約!

 

というリスクがある場合には、解約金がかかってしまうので、ローンでの購入でないと危険ですね。

 

購入するよりもリースのメリットが大きいケース

あとは、リースの“メリット”の部分。

 

会社を立ち上げたばかりで、経理の事務員を雇えない、増やせない。減価償却、税金の支払い、車検代、修理代などなど大変。

 

それよりも俺は頑張って稼ぐんだ!という方の場合には、リースの方が結果的に、人件費というコストと比較してお得なケースもあったりします。

 

他にもリースという契約だからこそ、リースで借りているほうが得なケースも。

 

メンテナンスリースですごい距離を走るかた。

 

例えば、年間5万km走行。5年で25万km。

 

エンジンオーバーヒート、交換しなければ!など大きな故障があれば、ローンで買った場合は当然自己負担

 

でもリース契約なら、リース期間中の修理費用はリース会社負担になるので、リースのほうがお得です。

まとめ

トラックのリースと購入を解説

 

リースで借りるのと、購入するのを比較すると、

 

リース契約のデメリットは、

 

  • コスト面で高い
  • 途中解約ができない
  • 自分のものにならない

 

一方でメリットは、

 

  • 会計がラク
  • 毎月の支払が一定額になる
  • 故障した時の費用がかからない

 

その上で、使いたい期間が決まっている、沢山走り故障で費用がかかった経験がある、こんなかたはリースを検討してみるのがオススメ。

 

それ以外のかたは、ローンや銀行融資、補助金利用などを利用して、新車や中古車を購入するのがオススメです。

 

※リース契約はそれぞれ個別の契約内容となっていますので、よくご確認をいただいて、ご契約ください。

トラックをリースするメリットとデメリット関連ページ

トラックの車検
トラックの新車値引き
トラックの燃費