トラックをリースするなら

トラックを仕事用に購入したいだけど高くてなかなか新車は買えない、だけど中古車を買うのもちょっと気が引けるという方もたくさんいるはずです。

 

そういった方にピッタリなのがリース契約というものです。リース契約といえば最近では乗用車でも多く使われている契約形態で、個人でも使うことができるようになりました。

 

当然大型トラックなどにも適用することができるのですが、実は自動車のリース契約というのはこういった企業が使う商用車などに使われていたもので逆に個人向けの乗用車の方が後から始まったことなのです。

 

大型トラックの車両価格は、輸入車の高級乗用モデル並みの価格であることはもちろん、トレーラートラクターなどは、フェラーリやランボルギーニの最新モデルが買えるぐらいの金額がするのでそう簡単に買うこともできません。

 

かといって分割にしたとしても元の車両価格が異常に高いので毎月の支払いは高いのでこのリースでの購入が一番いい方法だと思います。リース契約は自動車メーカー主体のものとファイナンス系企業主体のものがあります。

 

自動車メーカー主体のものは、当然ですがリース契約もその自動車メーカーが扱うトラックでなければいけませんが、月々に支払い金額や安いなどのメリットがあります。

 

対して、ファイナンス系のものは日本国内で扱っている有名どころのトラックであれば何でも扱っており、自分の好きなトラックに乗ることができるのですが、金利が高いことが多く毎月の支払いも自動車メーカーが扱うリースより高いことがあります。

 

どこでリース契約を結んだらいいか悩んでしまいますが、最近では買取店の一括査定のような複数のリース会社の見積もりを取ることができるWebサイトもあるのでそういったところを活用するといいでしょう。

トラックをリースするなら関連ページ

トラックの車検
トラックの新車値引き
トラックの燃費