ディーラーとトラック買取業者の違い

車を買い替える、または現金化しようとするときに自家用車であれば、ディーラーや買取専門店に持ち込むのが今の常識となっていますが、トラックだとしてもそれは同じです。

 

トラックを手掛ける大手自動車メーカーのディーラーでも下取りをしてくれますし、買取専門店もトラックや重機などを専門に扱うところが結構あります。

 

従って、方法も基本的には全く同じなのですが、1つ気をつけてもらいたいところがディーラーにしても買取専門店にしてもトラックの場合は査定額が店舗によってまちまちになるという事です。

 

しかし、ディーラーではどの系列店ディーラーにもっていっても、その自動車メーカーディーラーによって査定基準があるのでほとんど同じ査定額になるのですが、買取専門店の場合はそれが大手チェーン店を展開しているところであっても店舗によって査定額が大きく違うことが多いのです。

 

これはトラックなどの査定基準や買取基準が確立されていないという事なのです。

 

更にトラックというものは、荷台部分につけられる「上物」によって査定額が全く違うことが多く、同じトラックでも平ボディとパネル式では違う査定額が付けられるのです。

 

という事は買取専門店の選び方次第ではディーラーの査定額より高く買い取ってもらうことも可能だという事です。ディーラーの基準は販売価格から割り出した査定基準であって、車の善し悪し、上物の形状などはあまり考えられていません。

 

それならキチンと車を見てくれる買取専門店のほうが納得のいく査定額を見ることができるというものです。